1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. ダイエット中でも効果! 【甘いものを食べても太らない時間帯】

ダイエット中でも効果! 【甘いものを食べても太らない時間帯】

 2016/09/11 ダイエット
  747 Views
ダイエット中でも効果! 【甘いものを食べても太らない時間帯】

「ダイエット中だから甘いものが食べられない」
そんな風に意識すればするほど、食べたい欲求は膨らみつづけてしまいます。
すると「食べたいのに食べられない」というストレスが蓄積され、ある日ドカ食いをしてしまいダイエットが失敗に終わってしまう……なんて恐れも。
しかし、1日のなかでも甘いものを食べても太らない時間帯があることを知っていれば、このような失敗をせずに済みます。
食べたいストレスを爆発させないためにも、その時間帯とおすすめの甘いものをご紹介します。

太りにくい時間は「午前中」と「15時のおやつ時」

活動モードになっている午前中と、食後2時間経過したころの小腹が空いたおやつ時は、食べたものが脂肪になりにくいといわれています。
反対に夜10時~夜中2時は脂肪が蓄積されやすい時間なので、甘いものが食べたくなっても控えるようにしてください。
甘いものを食べるなら、午前中かおやつ時を狙いましょう。

ダイエット中におすすめしたい甘いもの

ダイエット中でも効果! 【甘いものを食べても太らない時間帯】

いくら太らない時間帯といっても、無制限に好きなものを好きなだけ食べてしまったらダイエットは成功しません。
そこで、数ある甘いもののなかでもダイエットにおすすめの食べ物をご紹介します。

■カカオ70%以上のチョコレート
チョコレートなら何でも良いワケではなく、食べる際にはカカオの配合量をチェックしてから口にするようにしましょう。甘く食べやすいチョコレートは砂糖が多く使われていたり、脂質が多いため太りやすいのでNGです。

■洋菓子よりも和菓子の方がカロリーは低い
ショートケーキやモンブランなどの洋菓子には、バターや生クリームなどの脂質が含まれているため太りやすい食べ物です。
その点、和菓子にはあずきや黒糖、はちみつなど体に良い食材が使われていることが多いです。
このような食材の違いからも分かるように、洋菓子と和菓子を比べた場合だと和菓子のほうが摂取カロリーは低くなる傾向があります。
今ではパッケージにカロリーが書かれているものも多くあるので、ダイエット中はカロリーの低い甘いものを選ぶのもひとつの方法です。

■GI値の低い食べ物
プリンやヨーグルト、ゼリー、寒天などは血糖値を上げるGI値が低いため、比較的食べても脂肪になりにくいお菓子といえるでしょう。さらに、冷凍フルーツや砂糖が使用されていないドライフルーツなどはビタミンやミネラル、比較的食物繊維が多く含まれています。
ただ、フルーツのなかでもパイナップルやスイカはGI値が高いので避けるようにしてください。

「ダイエット中だから甘いものは一切ダメ」
このように厳しく禁止するのではなく、食べても良いものと時間帯を知り適度にとるほうがダイエットを継続しやすくなります。
継続することができれば、ダイエットは成功しやすくなります。
今まで食べられないストレスからドカ食いをした経験がある方は、ぜひ甘いものを禁止しないダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

ダイエット中でも効果! 【甘いものを食べても太らない時間帯】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 10代のカリスマ「藤田ニコル」のダイエット方法とは?!

  • お茶を飲むだけでダイエット効果あり? 飲み方や選び方

  • 「便秘」が原因で太る!? その理由と解消方法を詳しくご紹介!

  • 基礎代謝を上げるにはどんな方法があるの?

  • カロリー制限しているのにダイエット効果が出ない理由

  • 生理後一週間がダイエットの好期!女性が効率よく痩せるポイント3つ