1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

 2016/10/21 ダイエット
  594 Views
ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

全身の筋力を高めるとダイエットに効果的です。
ただ、筋力トレーニングを行っていると、ときどき筋肉痛に悩まされることがありますよね。
筋肉痛が起きているときにトレーニングを継続することは、ダイエットにプラスとなるのでしょうか。
ダイエットと筋力の関係、さらにダイエット中に筋肉痛が起こった場合にトレーニングをどう行えば良いのかをご紹介します。

ダイエット中に筋力トレーニングを行うメリット

ダイエットには、脂肪を燃焼する効果が期待できる有酸素運動が効果的です。
ただ、有酸素運動の効果をアップさせるには適度な筋力をつけることが必須となります。
筋力がほとんどない人が有酸素運動を行ったときより、程よい筋力がある人が有酸素運動を行った方が脂肪燃焼効果は高まると考えられます。
なぜなら、筋力がアップした分、基礎代謝が高まるため。
さらに、トレーニングによって筋力がアップすると体が冷えにくくなり、むくみ改善などの効果も期待できます。

筋肉痛を感じるとき体内で何が起きている?

筋肉痛となるはっきりとした理由は、まだ解明できていない部分もありますが、限界までトレーニングを行うことで筋肉が一時的に傷つくことが原因だと考えられています。
筋肉は、筋肉痛から立ち直ることで一段階とたくましく大きくなるといわれています。
つまり、筋肉痛が起きているということは、筋力アップする工程の一段階だと考えることができるというわけです。
そのため、より筋力アップをはかりたいと考えるなら、トレーニングの負荷を上げたり回数を増やすという工夫をして、段階的に筋力をつけていくことが必要になります。

ダイエット中に筋肉痛を感じた場合の正しい対処法

ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

筋肉痛のときの筋肉は傷ついている状態のため、筋力トレーニングを行っても筋力アップは期待できません。
というのも、筋力は休んでいる期間がないと、強くたくましい筋肉になることができないため。
筋力をつけてダイエット効果を高めたいと考えているなら、筋肉痛を感じている箇所は筋力トレーニングを行わずに休ませましょう。
そして、筋肉痛を感じてない部位を集中的に鍛えるようにしてください。
たとえば、スクワットなどの下半身を中心に鍛える筋力トレーニングを行った翌日は、ダンベルなどを使用して腕の筋力を鍛えるというように日によって鍛える箇所を変えると良いでしょう。

筋肉痛の時に、無理して運動した方がより筋力がつくと考えている方は少なくありませんが、効果的に筋力をアップさせるためにもきちんと休ませるようにしましょう。
焦らずに地道にコツコツと取り組むことが、ダイエットを成功させる上での秘訣になります。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 胸を落とさずに「ランニングダイエット」を成功させる方法

  • 椿鬼奴が実践した「梅干しダイエット」の効果は?

  • 肥満の原因別にアプローチ! ダイエットに役立つ漢方

  • 基礎代謝を上げるにはどんな方法があるの?

  • 2ヶ月で10キロ減も夢じゃない?! 甘酒のダイエット効果とは

  • 【きゅうりダイエット】のメカニズムや正しい方法