1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. 痩せにくい「下半身」のダイエットに適した運動&エクササイズ

痩せにくい「下半身」のダイエットに適した運動&エクササイズ

 2016/09/29 ダイエット
  503 Views
痩せにくい「下半身」のダイエットに適した運動&エクササイズ

食事制限や運動によるダイエットを行っても、なかなか下半身太りは解消しません。
すらっとした脚やぺったんこのお腹は女性の憧れですよね。
夢を実現するうえで大切なのは、下半身に焦点をあててエクササイズや運動を行うこと。
その理由と解消方法をご紹介します!

下半身太りは筋肉量が少ないと起こりやすい

下半身太りにお悩みの女性が多い理由のひとつとしてあげられるのが、筋肉量の少なさです。
デスクワークなどに従事していたり運動不足だったりすると、足の筋肉を使う機会が減りがち。すると、ふくらはぎなどの筋肉が足りないことで足への血流は悪くなり、むくみが起こり下半身太りになりやすくなってしまうのです。
さらに、筋肉量が少ないことで冷え性になりやすくなったり、セルライトができやすい体になる場合も……。
このような負のスパイラルに陥らないためにも、運動を習慣化して筋力アップを目指しましょう。

下半身ダイエットにおすすめの運動は?

ダイエットの基本となるのは、脂肪燃焼を促すウォーキングやスロージョギングなどの有酸素運動。特にウォーキングやスロージョギングは下半身メインの運動ですので、下半身太りにお悩みの方にもピッタリのダイエット法だといえるでしょう。
ただし、息があがるほどの負荷をかけてしまうと、無酸素運動のようになってしまい効率的に脂肪が燃焼されなくなる恐れがあります。
呼吸を乱さず酸素を多くとり込めるペースで、有酸素運動するように心がけてください。

もし、走るのがツラい場合は、サイクリングやスポーツジムでエアロバイクをこぐのも良いでしょう。青空の下をサイクリングすると普段とは違う場所まで足を伸ばせるのでリフレッシュになりますし、エアロバイクなら天候に左右されることなく取り組めます。
きちんとストレッチを行いながら、このような運動を組み合わせて筋力アップを目指しましょう。

下半身ダイエットにおすすめのエクササイズ

痩せにくい「下半身」のダイエットに適した運動&エクササイズ
外で運動する時間がとれないという方は、まずは家のなかで行えるエクササイズで筋力アップを図ってみてはいかがでしょうか。
簡単な方法なので今日からでもさっそく行ってみてくださいね。

■エクササイズ方法
1.両手と膝をつき、四つん這いの姿勢をつくります。
2.その状態のまま膝を伸ばして立ち上がり、かかと、お尻、指先を頂点とした三角を作るイメージでポーズをとりましょう。その際、頭が両腕よりも上にこないようにしてください。
3.足踏みするようにかかとを交互に上げ下げします。
4.その後、右足を天井へと伸ばします。腕と足が線上にくるようなイメージで伸ばしてください。
5.床を押しながら、全身を伸ばします。
6.次は、片足で腕立て伏せするような姿勢になります。後ろに伸ばしていた右足を曲げながら前に持ってきて、左手の肘付近に当てましょう。その際、右足が床につかないように注意します。
7.その状態で呼吸を10回行います。
8.三角形の形に戻り、今度は左足で3~7を行います。
一見難しそうに見えますが、適度な負荷がかかるので下半身ダイエットエクササイズにおすすめです。

ご紹介したような運動やエクササイズを日常的に行えば、今まで締まらなかった下半身もきゅっと引き締まりますよ!
スッキリボディを手に入れて、美脚を自慢しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

痩せにくい「下半身」のダイエットに適した運動&エクササイズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 椿鬼奴が実践した「梅干しダイエット」の効果は?

  • ダイエット中の空腹に打ち勝つためにおすすめな方法

  • 塩分とダイエットの関係は?「塩抜きダイエット」の方法も紹介!

  • 雨の日もOK! 室内でできる有酸素運動で効率的にダイエット

  • フルーツダイエットの成功のカギを握るのは食べ方!?

  • 【目的別】ダイエットに使えるアプリ4選