1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. キムチダイエットの「正しい方法」や「効率の良い摂取方法」

キムチダイエットの「正しい方法」や「効率の良い摂取方法」

 2016/10/24 ダイエット
この記事は約 3 分で読めます。 315 Views
キムチダイエットの「正しい方法」や「効率の良い摂取方法」

キムチは代表的な韓国料理のひとつであると共に、日本人にとっても身近な食材。
そんなキムチがダイエットに一役買ってくれることをご存知ですか?
その方法は簡単!
食事にキムチを取り入れるだけ。
そこで今回は、正しいキムチダイエットの方法や、ダイエット効率を上げる摂取方法についてご紹介します。

キムチダイエットとは

キムチは、野菜や魚介類をたっぷりの唐辛子の粉やにんにくなどで漬けこんだ韓国の家庭的な料理です。
そんなキムチを使ったダイエットは、通常の献立にキムチを加えるだけの手軽なダイエット方法です。
献立にキムチを加えるだけなので、厳しい食事制限の必要がなく、ダイエットに失敗してしまいがちな人が挑戦しやすいダイエットだといえます。

キムチに含まれる成分は、ダイエットに効果的

キムチには、ダイエットに効果的な成分がたくさん含まれています。
たとえば、キムチの赤い色の元になっている唐辛子には辛み成分のカプサイシンが含まれ、発汗作用や血流を促す効果があります。血流がアップすれば冷えを防止して基礎代謝が高い体作りに役立ちます。
さらに、カプサイシンには脂肪燃焼効果も期待できるため、効果的に体脂肪を減らしたい人にぴったり。
カプサイシンの他にも、キムチに含まれる乳酸菌や食物繊維が腸内の環境を整えてくれるため、便秘の改善にも効果があります。
また、キムチを食べると血糖値の上昇がおだやかになるため、食事に取り入れることで体に脂肪がつきにくくなるというメリットもあります。

効率の良いキムチの摂取方法

キムチダイエットの「正しい方法」や「効率の良い摂取方法」

キムチを食べてダイエット効果を狙うのであれば、脂肪燃焼効果を高めてくれるオキアミを使ったキムチを摂取するようにしましょう。ただ、キムチには塩分が含まれているため食べ過ぎると高血圧やむくみにつながります。一度の食事で50グラム程度までの摂取にとどめておきましょう。
キムチに含まれるダイエットに効果的な成分であるカプサイシンは、加熱しても壊れにくいことが特徴です。そのため、キムチを細かく刻んで他の野菜や肉などと炒めて食べたり、汁物などに加えてキムチスープとして食べても効果が十分に期待できます。
さらに、キムチを加熱すると甘味が増し、食べやすくなるというメリットも。生のキムチだとたくさん食べられないという人や、キムチの辛味が苦手という人には、特におすすめです。

簡単に食事に取り入れることができるキムチダイエット。
キムチをプラスすることで、品数を1品増やせるため料理の手間も省けます。
ダイエット成功を目指す方、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

キムチダイエットの「正しい方法」や「効率の良い摂取方法」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぷに子

ぷに子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運営者情報

  • 基礎代謝を上げるにはどんな方法があるの?

  • キレイサローネに回数券はあるの?

  • ボニックプロの口コミ体験談!実際の効果を本音でレビュー

関連記事

  • ピーナッツダイエットを成功させるコツと注意点

  • 生理後一週間がダイエットの好期!女性が効率よく痩せるポイント3つ

  • ダイエットの基本! ダイエット期間の定め方とは

  • ダイエット中に間食すると効率がアップするって本当?

  • 肥満の原因別にアプローチ! ダイエットに役立つ漢方

  • 朝ごはんを抜くのに「適した年齢」&「ダイエット効果4つ」