1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. ダイエット中に間食すると効率がアップするって本当?

ダイエット中に間食すると効率がアップするって本当?

 2016/10/17 ダイエット
  514 Views
ダイエット中に間食すると効率がアップするって本当?

ダイエット中の間食はタブーだと考える人は少なくありません。
一日に必要なカロリー量を摂取カロリーが超えると、体に脂肪がつく原因となりますが、間食の内容や摂取のタイミング次第では、ダイエットに役立つということをご存知ですか?
ダイエットを成功させやすくする間食のとり方についてお伝えします。

なぜダイエットに間食が効果的なの?

ダイエットを失敗してしまう理由のひとつに、お腹がすいて耐えられないという理由があります。
食欲は人間に備わっている原始的な欲求のひとつです。

そのため、長時間空腹にさらされていると精神的なストレスが高まります。
そのストレスに耐えられずつい間食を行ってしまい、結果的に一日に必要なカロリーをオーバーしてしまうと、ダイエットは成功しません。
間食を行うと、空腹に耐える間隔を狭めることが可能なため、我慢し過ぎてストレスが爆発してしまうというリスクを軽減することが可能です。

ダイエット中におすすめな間食の内容

ダイエット中におすすめな間食の内容

ダイエット効果を高めてくれる間食を行うためには、間食の内容が大切です。
どんな食べ物でも間食に向いているというわけではありません。
ダイエットに向いていない間食は、高カロリーな食べ物や、やわらかい食べ物などです。

高カロリーな食べ物を間食として取り入れると、一日に必要な摂取カロリーを超えやすくなってしまいます。
やわらかい食べ物は、満足感に欠けるためダイエット中の間食としては向いていません。

ダイエット中には、噛みごたえがあって低カロリーな食べ物を間食することをおすすめします。
昼食や夕飯の20~30分程度前にスルメ、昆布、ナッツ類などをよく噛んで食べると食欲中枢を刺激することができ、食事の量をコントロールしやすくなります。

ダイエット中の間食は何キロカロリーまで?

ダイエット中には、一日の摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとることが大事です。
基礎代謝は、年齢や体格によって異なります。デスクワークが中心の成人女性の基礎代謝は約1200~1600キロカロリーです。

まずは、できるだけ正確な自身の基礎代謝を知ることから始めましょう。
ダイエット中の食事は、三食ともバランスよく栄養バランスとカロリーをとることが大切です。

基礎代謝が1400キロカロリー程度だと仮定すると、朝昼晩の食事それぞれの摂取カロリーを大体400~450キロカロリー程度に配分することがおすすめです。
足りない分を間食として配分すれば、一度の間食で摂取できるカロリーの量が判明します。
栄養バランスの面を考慮すると、間食の摂取カロリー量は多くとも200キロカロリー程度までにとどめておくといいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

ダイエット中に間食すると効率がアップするって本当?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 健康的に痩せる! 「倖田來未ダイエット」の秘訣とは?

  • 塩分とダイエットの関係は?「塩抜きダイエット」の方法も紹介!

  • キムチダイエットの「正しい方法」や「効率の良い摂取方法」

  • お茶を飲むだけでダイエット効果あり? 飲み方や選び方

  • 胸を落とさずに「ランニングダイエット」を成功させる方法

  • ダイエット中の空腹に打ち勝つためにおすすめな方法