1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. ダイエット中のイライラ解消法5つ

ダイエット中のイライラ解消法5つ

 2016/09/24 ダイエット
この記事は約 3 分で読めます。 178 Views
ダイエット中のイライラ解消法5つ

ダイエットをしていると、どうしても避けて通れないのがイライラです。
好きなものが食べられない、なかなか体重が減らない……いろいろな理由からついイライラしてしまうことがありますよね。
できればストレスを感じずに、明るい気持ちでダイエットを成功させたいもの。
ダイエット中のイライラを効果的に解消するための方法を5つご紹介します。

解消法1:甘いものを少しだけ食べる

ダイエット中のイライラの原因の1つは、甘いものや炭水化物を制限することによる血糖値の低下です。血糖値が低下してしまった状態をそのままにしてしまうと、脳のエネルギー代謝がうまくいかなくなり、イライラどころか「ぼーっとする」「だるい」などさまざまな症状が引き起こされてしまいます。
糖質や炭水化物を完全に制限してしまうのはかえって不健康。イライラを感じたら、和菓子やフルーツなど、カロリーの低い甘いものを少しだけ食べるようにしましょう。主食も白米を中心に、食べ過ぎない程度にきちんと摂るようにしてください。

解消法2:深呼吸をする

今すぐにでもできるイライラの解消法といえば、深呼吸です。好きなものが食べられないことやなかなか結果が出ないことなどの精神的なストレスによるイライラは、ゆっくりと深呼吸をするだけでも十分落ち着かせることができます。
深呼吸は自律神経を整える効果があります。新しい酸素を脳に取り込むことによって高ぶっていた気持ちが落ち着き、冷静になることができますよ。

解消法3:体を動かす

体を動かすことによって自然と呼吸が深くなり、代謝を促すことができます。さらに気を紛らわせて楽しいことを考えることもできるので、リフレッシュには最適ですね。
ジョギングやウォーキングなどの軽い運動も効果的ですが、「スポーツをするぞ!」と意気込んで体を動かす必要はありません。散歩やウィンドウショッピングなどで十分です。

解消法4:長期的に考える

「なかなか体重が減らない」「ウエストが細くならない」など、結果が出にくいことにイライラしている場合には、ダイエットプランを長期的なものに見直すことが重要になります。
健康的にスリムな体を手に入れるためには、急激なダイエットは厳禁。気長にコツコツと続けていくことが大切です。
「どうせ痩せないんだから……」とあきらめてやけ食いなどをしてしまうのが、実はスリムな体のために一番避けたいこと。リバウンドの原因になるどころか、以前よりも体重が増えてしまうかもしれません。
すぐに結果を出すことにこだわらず、長期的に考えてみては?

解消法5:新しいダイエット法にチェンジ

なかなかダイエットの結果が出ないという場合は、今行っているダイエット方法が自分に合っていないのかもしれません。思い切って一度お休みして、新しいダイエット方法に変えてみるというのも解消法の1つです。
一度気持ちをリセットしたら本当に自分に合った方法を見つけることができるかもしれません。あまり1つの方法にこだわりすぎないことが大切です。

ダイエット中のイライラ解消法5つ

ダイエットにイライラはつきものですが、あまり思いつめすぎると体の中でコルチゾールと呼ばれるホルモンが発生して脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。そのため、かえって太りやすくなってしまう可能性があるのです。
程よくストレスを発散することは、ダイエットを成功させるためにも重要なこと。頑張っている自分をいたわりながら、地道にスリムな体を目指しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

ダイエット中のイライラ解消法5つ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぷに子

ぷに子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運営者情報

  • 基礎代謝を上げるにはどんな方法があるの?

  • キレイサローネに回数券はあるの?

  • ボニックプロの口コミ体験談!実際の効果を本音でレビュー

関連記事

  • 椿鬼奴が実践した「梅干しダイエット」の効果は?

  • ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

  • ピーナッツダイエットを成功させるコツと注意点

  • 基礎代謝を上げるにはどんな方法があるの?

  • ダイエット中の空腹に打ち勝つためにおすすめな方法

  • 【きゅうりダイエット】のメカニズムや正しい方法