1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. 「便秘」が原因で太る!? その理由と解消方法を詳しくご紹介!

「便秘」が原因で太る!? その理由と解消方法を詳しくご紹介!

 2016/08/16 ダイエット
  761 Views
「便秘」が原因で太る!? その理由と解消方法を詳しくご紹介!

多くの女性が悩まされている便秘。
便秘は苦しいだけでなく、体重増加や脂肪蓄積に拍車をかける恐れがあることをご存知でしょうか。
そのため、運動をするなど一生懸命ダイエットに取り組んでいても、便秘しているだけでその努力が報われなくなる恐れも……。
一体なぜ、便の詰まりにより太ってしまうのか。
今回は、その理由と便秘解消方法を詳しくご紹介します!

便秘によって太りやすくなる理由とは

まずはどのような理由で、便秘により太りやすくなるのかをご説明します。
■不要な栄養や水分を吸収してしまう
便秘は、腸のなかに排出されるべき便が留まってしまっている状態です。
すると、すでに栄養や水分を吸収した便にも関わらず、腸が再び栄養や水分を吸収しようとしてしまうのです。
便秘中は、水分が少ない硬い便が出ることが多いですよね。これは腸内で便の栄養や水分が過剰に吸収されることで引き起こされています。
問題なく排便できていれば、このように余計な栄養や水分を再吸収せずに済むので、不要な栄養や水分が体に蓄積される恐れはありません。

■「腸内環境の悪化」により引き起こされる「代謝の悪化」
腸内に便が溜まっていると、新しく腸内に入ってきた食べ物の消化や吸収を阻んでしまいます。それにより、毒素や老廃物が溜まり腸内環境悪化の原因に。
その結果、腸に溜まった毒素が血液状態まで悪化させ、血液をドロドロにしてしまいます。ドロドロの血液は流れが悪く、栄養や酸素が隅々の細胞にまで届かなくなります。
すると、細胞は十分な栄養や酸素が得られず、代謝が良いリズムで行われなくなってしまうのです。

■食欲増進による皮下脂肪の蓄積
便秘は体にも心にもストレスとなります。
そのストレスにより食欲が増幅され、その欲求のまま食べてしまうと、さらに太りやすくなってしまうでしょう。脂肪を溜め込みやすくなっている体に過剰な食べ物が入ることで、より皮下脂肪がつきやすくなってしまいます。もちろん、個人差があるので全ての方の食欲が増進されるわけではありません。
けれど、便秘中は食事の量にも気を配るようにしてください。

便秘は、健康面や美容面でさまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。
便秘にお悩みの方は、日ごろから便秘解消を意識した生活を送るようにしましょう。

心身ともにスッキリ! 便秘解消方法4選

「便秘」が原因で太る!? その理由と解消方法を詳しくご紹介!

食生活や生活習慣など、日常の何気ない行動が便秘を引き起こしている恐れがあります。
さまざまな方向から便秘解消を図ってみましょう。

①発酵食品をとり入れよう
腸内環境を整えるためには、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす必要があります。
そこでオススメしたいのが、ヨーグルトや納豆などの発酵食品です。
なかでも、納豆はお手軽な価格に加えて毎日の食卓にのせやすい食べ物のひとつ。できれば毎日1パックを食べるようにしてください。
またヨーグルトを食べる目安量としては、1日100g以上です。その際は無糖のものを選ぶと糖類のとり過ぎを防げます。

②十分な水分補給を忘れずに
1日の水分摂取量が足りていないと、便秘になりやすい傾向があります。
毎日1~1.5リットル程度の水分補給を心がけましょう。
ただ、1回に大量の水を飲めば良いわけではありません。コップ1杯程度(約200cc)の量を1日に7~8回に分けて飲むようにすることが大切です。
また、水分補給の際は、糖分や塩分、カフェインが入っていないものを飲むようにしてください。
さらに、冷たい水ではなく常温もしくは白湯などを飲むようにしましょう。
嗜好品として飲み物を選ぶ際は、ココアやタンポポ茶、プーアール茶など便秘に効果的な飲み物を選ぶこともおすすめします。

③食物繊維で排泄を促そう
食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があります。
きのこやゴボウ、キャベツ、イモ類は、水に溶けない特徴を持つ「不溶性食物繊維」に分類されます。
水分を吸収して腸内で膨らむため、排便をスムーズにする腸の収縮運動を促してくれるでしょう。
一方、海藻類やこんにゃく、寒天などは「水溶性食物繊維」になります。
水溶性食物繊維の特徴は、水に溶けて便を柔らかくしてくれる点です。さらにビフィズス菌を増やす働きがあります。
このような作用により、腸内で詰まっていた便を排出する働きがあります。
これら2種類を不溶性食物繊維2、水溶性食物繊維1の割合でバランス良く食べるようにしましょう。

④適度な運動をしよう
デスクワーク中心の生活を送っていたりすると、運動不足になり便秘を引き起こす恐れがあります。毎日忙しくて本格的な運動が難しい場合は、以下のようなちょっとした時間にできる運動を取り入れてみてください。
裸足で5分間つま先立ち
腹筋運動をする
うつ伏せ状態で10分間ゴロゴロする
朝の5分間ハイハイ運動
なかには、「運動なの?」と思ってしまうものもありますが、こういったものなら簡単に行えそうですよね。
運動で筋肉を柔らかくしたり、鍛えたりして便秘解消を目指しましょう。

「痩せたい」という願いを叶えるなら、これらの方法で便秘を解消して体を整えることが第一歩。
それにより、効果的なダイエットを行えるようになりますよ!

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

「便秘」が原因で太る!? その理由と解消方法を詳しくご紹介!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【きゅうりダイエット】のメカニズムや正しい方法

  • ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

  • 健康的に痩せる! 「倖田來未ダイエット」の秘訣とは?

  • ダイエット中に間食すると効率がアップするって本当?

  • 10代のカリスマ「藤田ニコル」のダイエット方法とは?!

  • お茶を飲むだけでダイエット効果あり? 飲み方や選び方