1. 記憶に残るダイエット
  2. キャビテーション
  3. キャビテーションとは?

キャビテーションとは?

キャビテーション
  290 Views

ダイエットに挑戦しても、なかなか習慣化できない・効果が表れないといった方は多いでしょう。

運動が苦手な方に、ジョギングや筋トレが効果的と言っても実行は難しいですし、効果がすぐに出てこないとモチベーションも保てません。

また、食事制限は効果が高そうと分かっていても、すぐに食生活を変えていくことも難しいもの。

栄養価の高い物を作ろうとして、時間や労力、さらには特別な食材のために出費が増えてはストレスが増すばかりです。

ダイエットに一番悪いのは「ストレス」をためることです。

ダイエットに取り組む気持ちは大切ですが、できれば「簡単に・楽に」痩せたいですよね。

そんな方におススメしたいのが、痩身エステサロンで多く取り入れられている「キャビテーション」です。

キャビテーションは「切らない脂肪吸引」とも呼ばれ、エステで受けられる業務用の他にホームケアもできる家庭用キャビテーションマシンも登場しています。

多くの方に効果が認められている!
このキャビテーションについて詳しくご紹介しましょう。

キャビテーションとは「空洞現象」の意味

キャビテーションとは、英語で「cavitation」。日本語では「空洞現象」と呼ばれます。
ウィキペディアでは以下のように説明されています。

液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象であるwikipedia

痩身エステで使われるキャビテーションマシンは、この原理を利用しています。

太った身体・セルライト(固まった脂肪)がついてしまった身体の脂肪細胞をなくしていくことがダイエットですよね。痩身エステでのキャビテーションは、超音波を発生させることで脂肪細胞に直接アプローチしているのです。

キャビテーションで脂肪細胞が分解されるメカニズム

痩身エステでは業務用のキャビテーションが使われているので安心してください。

まず、キャビテーションマシンは超音波を発生させます。この超音波を身体の気になる部分=痩せたい部位=脂肪細胞に照射することで脂肪細胞を破壊していくのです。
キャビテーションの原理に当てはめれば、

液体とは、体液。
圧力差とは、超音波による振動です。
超音波は非常に細かい音波の振動で、人には聞こえません。痩身エステで使われるキャビテーションマシンの超音波は、1秒間で30,000回以上も振動します。この細かい動きが体液で起こると体液でも泡が生じ、それが弾ける時(=消滅)の力が脂肪細胞を分解していくという訳です。

脂肪細胞をひとつの塊と考えると、それが非常に細かくなっていく状態をイメージしてみてください。
固まり肉のままでは体液を流れずにいましたが、細かくなればどうでしょうか?

そうです。分解された脂肪細胞は、身体の外に自然に排出されていくのです。身体の老廃物(汗などもそうですね)を排出しようとする身体の力を高めておけば、脂肪も早く輩出される。つまり、身体から脂肪がなくなっていくのです。

分解された脂肪細胞を老廃物として排出するために必要なことは身体の「代謝」を上げることです。
脂肪で悩んでいる方は、代謝が悪くなっている状態ですが、身体を温めたり、運動をしたり、マッサージをすることで代謝を上げていくことが可能です。ですから、キャビテーション施術とマッサージを組み合わせることが、痩身エステでは一番効果が高いとされています。

キャビテーションに副作用はほとんどない

超音波を発生させるマシンと聞くと、ちょっと物騒ですね。
しかし、超音波は人体に無害ですし、音も人の耳には聞こえません。キャビテーション施術中に「キーン」と高い音が聞こえるのは体内の骨に反響しているためで、施術を受けている本人にしか聞こえません。ですから、家庭用キャビテーションでも機械の騒音はまったく気にしなくて大丈夫です。

この反響音が苦手という方にとっては、キャビテーションは避けた方が良いでしょう。しかし、その他に副作用がないのがキャビテーションの優れている点でもあります。

ただし、最近ではこの反響音もないキャビテーションマシンも登場しています。ヘッド部分の工夫によるもので性能には全く変わりがないため「音のしないキャビテーションを受けたい」方は、痩身エステサロンに問い合わせてみると良いでしょう。

皮膚の上に機械を滑らせるだけですから、皮膚に痛みはありません。滑りを良くするために相乗効果の高い美容ジェルなども使用されているぐらいです。また、超音波は発熱もしません。まれにキャビテーションを受けて「熱い」と感じる方もいるようですが、機械との摩擦熱レベルですから安心してください。手のひらをこすり合わせるだけでも温かく感じますよね。摩擦熱もそんなレベルです。

キャビテーションは副作用の心配がほとんどない、安心で安全な美容マシンといえます。

キャビテーションでセルライトを撃退

脂肪の塊と言われるセルライトは、一度できてしまうとなかなかセルフケアでは落とすことができません。特に女性は、冷え性や低体温で悩む方もいるように、代謝も低く、脂肪を排出しきれずにためてしまう場合が多いのです。セルライトは放っておくと皮膚が凸凹になってしまい、見た目にも悪くなります。

キャビテーションは脂肪細胞にアプローチが可能ですから、セルライトにも効果を発揮します。

美容外科では、セルライトを柔らかくするためにキャビテーションを使っています。

(美容外科外科レベルになると脂肪を手術で除去するのですが、脂肪が固まっている状態では麻酔注射の針も通さなくなる場合もあるそうです。その際に、手っ取り早く効果も高いのがキャビテーションです。キャビテーションで脂肪を柔らかくしてやっと手術も可能になるのです)

脂肪を柔らかくする。凝り固まったセルライトも解消していく。セルライトに悩む方にはキャビテーション施術を試していただきたいですね。

また、キャビテーションによって脂肪細胞が分解されると同時に血流の流れも良くなります。老廃物や余分な水分もスムーズに排出されるため、むくみの解消にも効果を発揮します。
むくみ解消にも効果のあるキャビテーションで、メリハリボディーを目指すことも可能です。

キャビテーションは続けていくことが大事

キャビテーションは脂肪を分解してくれます。脂肪の付き方で個人差はありますが、1回でも「柔らかくなった!」実感ができるはずです。その1回で全ての脂肪細胞にアプローチが完了ではないので、何度か続けていくことで脂肪を排出していける(=なくす)ことができます。

キャビテーションは回数を重ねることも大事です。
キャビテーションで痩せるにも長い期間がかかるのではないか、と不安になるかもしれません。しかし、美容外科で脂肪除去しようとすれば、手術という言葉や高額な医療費・術後の副作用や後遺症に抵抗を感じてしまうでしょう。
それに比べれば、キャビテーションにかかる負担(ストレス)は限りなくゼロです。

「簡単に・楽に」痩せるためにも、キャビテーションを取り入れてみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • キャビテーションとエンダモロジーを併用する効果は?

  • キャビテーション前と後ではどんな食事が良い?

  • キャビテーションで効果のでる回数と料金を徹底解説!

  • キャビテーションはどのぐらいの頻度で受ければ痩せられるの?

  • キャビテーションを体験だけ「はしご」して痩せるお得な方法

  • キャビテーションって痛いの?