1. 記憶に残るダイエット
  2. キャビテーション
  3. 家庭用キャビテーションの比較ランキング

家庭用キャビテーションの比較ランキング

 2018/07/09 キャビテーション
この記事は約 15 分で読めます。 40 Views

痩身エステで広く使われている「キャビテーション」マシンをご存知ですか?
「切らない脂肪吸引」とも呼ばれ、痩せる効果も高いことから多くのエステサロンで使われている美容マシンです。

キャビテーションの仕組みをちょっとだけ知っておきましょう。

超音波を流すことで、体内(体の中は体液で満たされています)に泡ができます。
その泡がパチン!と破裂する時の圧力で、泡の近くの脂肪細胞が細かく「分解」されます。

固いままの脂肪は、そのままではリンパ管を通って排出されません。
冷えたままのバターやラードを思い浮かべてください。
おまけに、冷えて固まってしまっているので、普通のマッサージや他の美容マシンでは「分解」の効果までは期待できません。

脂肪を手っ取り早くなくすには、キャビテーションしかない!

固まっていた脂肪が細かく分解され、老廃物=余計なものとして排出されやすくなります。
こうしてキャビテーション後にマッサージなどでリンパ管の流れをよくすれば、脂肪は体から出て行ってくれるというわけです。
分解だけではなく、その後は体外への「運搬」が必要になるので、キャビテーションだけで安心せず、もうひと手間かけてくださいね♪

すごいですよね〜キャビテーション!
さらに、マッサージ機能や、身体を温めてリンパ管の流れを良くすれば、脂肪がなくなってくれるなんて!

キャビテーションを受けたい気持ちが高まりますね♪

でも…そうした施術は、エステサロンに行かないと無理でしょう?
エステサロンは料金が高いでしょう?

と足踏みをしている方には、ぜひ「家庭用キャビテーション」をおススメします!

  • エステに通う時間がない方
  • 手軽にセルフケアしたい方
  • エステよりも安い料金で痩せたい方

上記にひとつでも当てはまったら、家庭用キャビテーションを検討してみませんか?
家庭用と業務用の違いはありますが、効果は十分期待できますよ。

それをこれからお伝えしていきますね。
(足踏みをしていた管理人も、まず、家庭用キャビテーションでお手入れを始めましたw)

効果が高いおススメの家庭用キャビテーションランキング

ランキング 商品名 機能 メリット 料金
1位 BONIC Pro(ボニックプロ) ・キャビテーション
・RF(ラジオ波)
・EMS
・防水機能/丸洗いOK
・コードレス
・本体/18,000円(税別)・専用ジェル/6,300円(税別)※お得な定期購入コースあり
2位 キャビスパRF コアEX ・キャビテーション
・RF(ラジオ波)
・EMS
・フェイスモード
・バストモード
・防水機能/丸洗いOK/お風呂OK
・コードレス
・本体/45,000円(税別)・専用ジェル/2,900円(税別)※お得な定期購入コースあり
3位 美ルルキャビアップ ・キャビテーション
・RF(ラジオ波)
・EMS
・赤LED
・コードレス ・本体/29,800円(税込)
・専用ジェル/1,980円(税込)
※お得な定期購入コースあり

ボニックプロの口コミ体験談!実際の効果を本音でレビュー

市販で購入可能な家庭用キャビテーションマシンにも、実はキャビテーション以外の嬉しい機能がたくさんついています。

先にお伝えしたように、キャビテーションは脂肪を細かく分解してくれます。
ですが、細かくなっただけで脂肪はそのままです(キャビテーションの効果は48時間と言われます。その後は細かくなった脂肪もまた固まってしまいます!)。

せっかく細かくなって排出しやすくなった脂肪を、出す機能が欲しいですよね。
これが痩身エステサロンであれば、エステティシャンによるマッサージもついてきます。

ですから、まずはキャビテーション後には「マッサージ」!
これを覚えておいてください。

でも、自己流のマッサージはちょっと…という方には、家庭用キャビテーションに加えて、脂肪を流しやすい身体づくりをしておきましょう。

ランキング内の家庭用キャビテーションマシンに搭載されている「RF(ラジオ波)」は、身体の深部を温めてくれます。
身体が温まるということは、代謝が上がります。
代謝が上がれば、汗や老廃物を流しやすくなります。

細かくなったいらない脂肪は、これで体外へとおさらばです(笑)。

肝心の、流す場所=リンパ管の出口は、

  • 脚の付け根(脚は下から上へとマッサージ!)
  • デコルテ/肩甲骨(フェイスラインから、首の付け根へマッサージ!)
  • 肩甲骨(自分ではやりにくいですが、できる時には肩甲骨を意識して!)

このように、キャビテーションマシンでの施術後は、効果を高めるようにマッサージしてくださいね。

「そのマッサージも面倒くさい…」という方には、さらに簡単な方法があります。

  • キャビテーションマシンを動かしながらマッサージ
  • キャビテーションマシンで「EMS」モードで行う

まずとっても簡単なことは、マシンをあてながらマッサージをしてしまうことです。
つまり、マシンを動かす際に「なんとなく」あてるのではなく、リンパの流れを意識するのです。

先にお伝えしたように「脚は下から上へ」といったようにキャビテーションマシンを動かすだけでも違います。

また、少しだけグッと力を入れて、マシンで押し出すように(揉むように)動かすとマッサージ効果も高まります。
皮膚の上だけをするすると撫でるよりも、脂肪を刺激した方が良いに決まっていますからね!

そして「EMS」機能は、ここで紹介している家庭用キャビテーションマシンの全てについています。
キャビテーションが超音波であれば、EMSは電気の力です。
電気を流すことによって、筋肉に刺激を与え、引き締めてくれます。

電気が伝わるのは、脂肪ではなく筋肉です。
痩せる際には、筋肉を鍛えておかないと、筋肉まで減少してしまいリバウンドしやすくなってしまうのです。
痩せる身体作りには、筋トレも欠かせないということ!

でも、いきなり筋トレは難しいので、マシンで楽をしましょう(笑)。

こうして、キャビテーションで脂肪を分解し、マッサージも同時にしながら、EMSで筋肉運動もしておけばダイエット効果は抜群ですね♪

ただし、EMSを使う際に気を付けたいのは「強さに注意」ということです。
電気なので、ピリピリと感じます。
全く感じないのでは電気刺激の意味がありません。
ですが、強くて「痛い」までいってしまうと、続けられませんし、逆にストレスにもなってしまいます。

その点、ボニックProはEMSも3段階の調整が可能です。
電気の感じ方は個人差が激しいので、最初は「必ず弱(一番弱い)から」にしましょう。

管理人はボニックPro愛好者です。
電気刺激にはとても弱く、エステサロンでEMSを受ける際は、10段階の2ぐらいの強さです。
(5ぐらいだと、身体がはねました)

EMS(電気刺激)は、身体の部位によっても感じ方が違います。
例えば「脚を細くしよう」と思っても、太ももの表面は痛いです。
横と裏から使えば痛くなく、少し強めの電気でもOKです。

皮膚の厚さ・脂肪や筋肉のつき方でも違いがあることを覚えておいてください。
そして、最適な出力でEMSを利用してくださいね。

「ピリピリ」と感じるぐらいがちょうど良いですし、効果も出ていますよ。

家庭用キャビテーションマシンの出力は業務用より劣るんでしょう?

家庭用と業務用では、確かに出力など、マシンの性能に違いはあります。

ランキングで取り上げた家庭用キャビテーションマシンの出力は「330〜360kHz」。
対して、業務用のキャビテーションマシンの出力は「40kHz前後」。

だいぶ違いますよね。

周波数が低い程深く、高い程浅い位置で作用します。
身体の仕組みを断層で見ると、表皮⇒真皮⇒脂肪層です。

ということは、家庭用キャビテーションは脂肪の浅い所しか届かないんじゃない?
太っている私の脂肪には効果がないんじゃない?

という意見が出そうですが…それは、誤解です。

家庭用と業務用の違いは、あくまで「効率」の違いです。

業務用キャビテーションマシンは、1回で脂肪の深い所まで届いて施術をしますから、1回の効率が良い=料金が高くなります。
つまり、短期間でさっと脂肪を撃退したい/痩せたいのであれば、痩身エステに通う方が確かです。

一方の家庭用キャビテーションマシンは、1回で届く脂肪(分解される脂肪)は少ないですから、効率が悪いです。
その分、何回も何回も施術をしないといけません。

それだけの違いです。

  • 短期間で高い料金を支払って痩せたい
  • 少々時間がかかっても良いから低料金で痩せたい(家庭用エステマシーンを使いましょう!)

痩せるゴールは変わりません。
効率の良しあしで到達時期が変わるだけです。

家庭用キャビテーションマシンのメリット

業務用キャビテーションは、脂肪の深い部分まで届くと言いましたが、もしも「あまり太っていないけどボディラインが気になる」という方であれば、家庭用キャビテーションでも十分と言えます。
ですから、モデルさんやタレントさんは、日々のセルフケアとして家庭用キャビテーションを利用しているのです。

  • 肥満レベルに構わず等しい効果
  • 家庭用なので、誰でも使える安全レベル
  • 1回本体を購入すればそれ以上お金がかからず金銭的な負担なし
  • エステティシャン(他人)に裸を見られることがない

こうしたメリットがあります。
もちろん、エステに通う時間や面倒もありません。

それから、エステでキャビテーションを受けると「キーンという高い音がうるさい」という最大のデメリットが家庭用マシンにはありません。
管理人使用のボニックプロでは音がしないので、静かな空間でマッサージを続けていると「スイッチ入ってるのかな?」と何度も心配してしまうぐらいです(笑)。

体内に超音波が届いていないのではなく、おそらく「骨までは到達していない」レベルなのだと思います。
(高い音の原因は、骨に超音波があたった際の反響です)

骨まで深い部分ではないが、脂肪層には届いている。
これが家庭用キャビテーションマシンの機能なのでしょうね。

脂肪層の浅い所であるけれど、徐々に徐々に脂肪をなくしていく。
そして、マッサージで身体もリラックスしていければ、美ボディに近づきますね!

家庭用キャビテーションで面倒なのは、充電ぐらいです(笑)。
届いて最初は充電ですし、30分も使うと充電しないといけません。
しかし、使っていて感じるデメリットは本当にそのぐらいです。

防水機能がついていれば、サッと丸洗いができてお手入れも簡単ですから、取り扱いは非常に楽です♪
就寝前には、タオルなどでふき取ればそれでも十分です(管理人はそうしています。時間がある時に水洗いしています)

おススメ「ボニックプロ」のスゴイ機能を細かく紹介します

管理人も使っていて、使ったからこそおススメしたい家庭用キャビテーションマシンがボニックプロです。
ボニックプロは、

  • 充実の機能がついていて
  • 本体価格がお得

です。
本体はキャンペーンなどを利用するとさらに安く変える場合もありますので、基本価格を下回っていたら買い時です!

ボニックProの公式サイトはこちら

他の家庭用マシンと比べても、ボニックプロは本体価格が低いです。
他のマシンに比べて安いと言っても基本は「18,000円」なのでちょっと高い買い物です。
それに、家電は長く使いたいですから、慎重に選びたいですよね。

管理人がボニックプロを選んだ理由は、

  • 本体価格が安い
  • 安いけど、ラジオ波とキャビの機能も付いていて十分
  • 防水
  • コードレス
  • モデルさんも使用しているという口コミが多かった

からです。
口コミもネット上で参考にしました。

ボニックプロの機能は「3つ」。

・キャビテーション
⇒固まった脂肪を細かく分解
・RFラジオ波
⇒温熱効果で代謝をアップ
・EMS
⇒電気による筋肉運動

キャビテーションだけでは脂肪を排出するのは難しいので、ぜひ他の機能もあるマシンを使ってください。
ボニックプロは「キャビテーションとラジオ波」モードと「キャビテーションとEMS」モードの2つがあります。

エステサロンでも「キャビテーションと同時にラジオ波」という機能のマシンは多用されています。
1度に2つの効果があると、時間の短縮にもなって良いですよね♪

キャビテーションは、先にお伝えしたように「脂肪を細かく分解」してくれます。
人力で固まってしまった脂肪を細かくすることは…かなり難しいので、マシンに頼りましょう。

これは、肌の上でするすると動かすだけでOKです。
痛みや痒みはありません。
5〜10分ぐらいで十分です(取扱説明書の指示に従ってください)。

ラジオ波と一緒モードだと、ジワジワと温かくて気持ち良いですよ。

EMSは、電気を流す機能です。
腹筋が割れるという「シックスパッド」とかありますよね。
あれと同じです。
電気の力で、ぴくぴくと筋肉を動かしてくれます。
運動不足/運動は苦手という方でも、勝手に運動させてくれるので嬉しいですね。

電気は、個人による感じ方が大きく異なります。
強い電気の方が高い運動効果はありますが、ピリピリとした感覚が「痛い」方は最弱モードから始めてください。
ボニックプロは3段階(弱・中・強)です。

最弱でも「痛くて使えない」という口コミをネット上で見かけます。
その場合は、無理にEMS機能を使わず、その分ご自分の手で丁寧にマッサージをしてあげてください。
必ず使わないといけない!というわけではありませんからね。

キャビテーションとラジオ波モードを使っていくだけでも効果は出てくるはずです。

なお、電気は「皮膚の薄い部分は痛い」です。
ですから、脚にかけよう〜と思って、太ももの表面にEMSをかけると痛いです。
太ももの横や後ろは比較的平気です。
こうした身体の部位による感じ方の違いもあることは覚えておいてくださいね。

ストレスにならないぐらいのピリピリ感で「効いてる〜」と楽しんでいきましょう(笑)。

どの家庭用キャビテーションも美容クリームやジェルがついてくるけど、使わないとダメ?

美容クリームやジェルは、肌の潤いやハリ・キメなどを整える美容成分が豊富です。
使えば、肌がイキイキするでしょう。

それに、家庭用キャビテーションマシンが肌にあたる部分は金属です。
(エステサロンで使われる業務用には、肌にあたる部分がプラスチックの最新式もあります)
必ず肌との間に摩擦が生じるために「動かしにくい」デメリットが出てきます。
マシンの滑りを良くして、マシンの威力を発揮させるためにも、使った方が良いでしょう。

また、マシンとの相性もあって作られている美容クリーム/ジェルなので、メーカーでおススメしている物以外は使わないようにしましょう。
故障の原因になりかねませんし、長くマシンを使っていくコツでもあります。
家電を長く使うには、メーカーの説明に従うことが一番です(笑)。

ボニックプロの美容ジェルはなかなか効果です。
しかし、引き締め効果はかなりあります!

マシンを使わずに、普通に手でマッサージするだけでも効果があります。

ボニックプロ専用のジェルの場合、引き締め効果は高いものの、「熱く感じる」デメリットがあります。
脚を細くするためのスリミングジェルなどにも配合されていますが、トウガラシ成分が高めな気がしました。

あくまで管理人の使用感ですが、使用してしばらくすると、ジェルを塗った部分が「熱い」!
ヒリヒリというかジワジワというか、温感スリミングジェルをさらに強くしたような。
とにかく、浸透していることはよく分かり、その効果も1時間ほど続きました。

すごいぞ!美容ジェル!
という感じです。

ですが、美容ジェルのマッサージだけでも、脚のむくみはスッととれて本当に軽いです。
ボニックプロを使うと、さらに軽く感じました。

べたつきがないのは、服をすぐに着られるので嬉しいですね。
それから、ほのかな香りはとても良いです。
そして、ツタツヤと輝きました!

就寝前に使用するのもおススメされていますが、その通りです。
さっとマッサージして寝れますよ。

市販品の美容マッサージジェル/クリームも多いですが、同じケアをするなら、しっかりと効果を狙って作られている製品がおススメです。

痩せるだけではなく、肌も輝いて「キレイに痩せて」いけますよ♪

ボニックプロを使った方から口コミを寄せていただきました

手軽で良いです(20代/女性/アルバイト)
エステは高いな〜と思って手が出ません。でも、家庭用ならいいかな〜と思ってボニックプロを使い始めました。EMSはピリピリして驚きました。でも、最弱でも続けていると慣れましたw
すぐに結果は出ませんが、ジェルを使うと肌がきれいになるし、お手入れには時間もかからず良いです。一ヵ月使って、ウェストがスッキリしてきたので、私にはあいましたね。高いお金払わずに助かってますw

効果が分かりづらい(30代/女性/会社員)
仕事が忙しいので、自宅で手入れと思って購入。身体はぽっちゃりを通り越しています。なので、5分で効果が出るのかも不明です。ジェルを使えば肌がきれいになったな〜という実感はありますが、肝心の痩せたかどうかについては大きな変化はまだ見られません。ですが、続けることが大事なので、就寝前に欠かさず使っています。使い終わってそのまま寝れるのは有難いです。何もしないでいるよりは、確実にプラスに繋がると思ってます。

肌をきれいにするために良いかも(20歳/女性/派遣社員)
家庭用のマシンで痩せるというよりも、肌のお手入れかな、と思ってます。肌の手入れもエステまで行ってやるのは嫌なので。それならと思って家庭用キャビテーションを購入。本体が安いキャンペーンで手に入れましたwジェルも、市販のボディジェルと大きく変わらない値段だし。市販よりは確実に肌がすべすべしてイイ!ついでに痩せてくれたら万々歳です。

ボニックProの公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぷに子

ぷに子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運営者情報

  • 基礎代謝を上げるにはどんな方法があるの?

  • キレイサローネに回数券はあるの?

  • ボニックプロの口コミ体験談!実際の効果を本音でレビュー

関連記事

  • ハイパーナイフとキャビテーションの同時併用は効果ある?

  • 体験した私がおススメするキャビテーションエステランキング

  • キャビテーションを体験だけ「はしご」して痩せるお得な方法

  • キャビテーションの効果は?即効性はあるの?

  • キャビテーションはどのぐらいの頻度で受ければ痩せられるの?

  • キャビテーションで効果のでる回数と料金を徹底解説!