1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. カロリー制限しているのにダイエット効果が出ない理由

カロリー制限しているのにダイエット効果が出ない理由

 2016/10/16 ダイエット
  446 Views
カロリー制限しているのにダイエット効果が出ない理由

ダイエットのためにがんばって食事制限を行い、摂取カロリーをおさえても、ある段階を迎えると痩せにくい体に変化してしまいます。
なぜ、カロリーをおさえたのにダイエット効果が出にくくなってしまうのでしょうか?
カロリーとダイエットの関係についてお伝えします。

カロリーと基礎代謝の関係

食べ物から得た摂取カロリーが一日の活動に必要なエネルギーを超えると、人間の体には余計な脂肪がつきやすくなります。
摂取カロリーと基礎代謝の関係は、ダイエットを成功させるための基本です。

しかし、ダイエットをはやく成功させたい一心で、摂取カロリーを最低限におさえたとします。
どんどん脂肪が落ちて体重が減少すると思いきや、ある一定の期間を過ぎた段階で体重の減少が止まり、痩せにくい状態に陥ります。
長期間のダイエットをしたことがある人なら、一度は停滞期の経験があるのではないでしょうか?

さらに体重を落とすために、絶食を行うなど無理に摂取カロリーを減らそうとすると、健康に悪影響を及ぼす恐れがあり危険です。

摂取カロリーを減らすと何が起こる?

人間の体は口から得た食料を胃や腸で消化し、血中に取り込んだ栄養素を血流によって全身の隅々まで運んで、生きるために必要な臓器や筋肉、神経などの器官を正常に動かしています。
摂取カロリーを極端に減らすと、体は少ないエネルギーで体を動かさなければならなくなり、省エネモードに入ります。

極端に食べ物を減らすダイエットをして肌荒れが起きたり髪が傷みやすくなる理由は、今まで潤沢に使用できていた栄養素が生命の維持のために必要なエネルギーとして使用されるようになるためだと考えられます。

その他にも、栄養不足によって内臓の機能が低下すると、基礎代謝が下がって痩せにくい体に変化します。
基礎代謝が低い体は、たとえ少ない量しか食べていなくてもたくさんの脂肪を蓄えようと働くため、ダイエットに成功しにくくなります。

ダイエットに成功するために大切なこと

ダイエットに成功するために大切なこと

摂取カロリーをセーブし過ぎると健康的なプロポーションを維持し続けることは難しくなると考えていいでしょう。
ダイエットに成功するためには、摂取カロリーを控えることだけに重点を置くのではなく、消費カロリーを増やす方法へ目を向けることが大切です。

また、カロリーを減らすことだけでなく、食事の栄養バランスに気を配ることも大事です。
何でも構わないので、簡単な運動を行って体を動かすようにしましょう。
ダンベルで筋力を鍛えたり、ヨガやピラティスなどでゆったりと体を動かす方法もおすすめです。
体を動かしたり筋力をつけることで、血行が促進されて冷えにくい体を作りやすくなったり、基礎代謝が上がって太りづらい体を作ることができます。

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

カロリー制限しているのにダイエット効果が出ない理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お茶を飲むだけでダイエット効果あり? 飲み方や選び方

  • 【目的別】ダイエットに使えるアプリ4選

  • キムチダイエットの「正しい方法」や「効率の良い摂取方法」

  • バターコーヒーダイエット方法と簡単な作り方

  • 10代のカリスマ「藤田ニコル」のダイエット方法とは?!

  • 椿鬼奴が実践した「梅干しダイエット」の効果は?