1. 記憶に残るダイエット
  2. ダイエット
  3. バターコーヒーダイエット方法と簡単な作り方

バターコーヒーダイエット方法と簡単な作り方

 2018/10/22 ダイエット
  123 Views

新しいダイエット方法で「バターコーヒーダイエット」が話題になっています。

都内では、代々木と池袋にバターコーヒーの専門店「最強のバターコーヒー」がオープンして話題になっているほど。
バターコーヒーが本当にダイエットに効果があるかはこれから語りますが、上記のお店では、低糖質・グルテンフリーなメニューも揃えているので、健康を気にする方にはおススメです。都内へお出かけの際には、という感じですね。

さて、専門店まで進出するほどの「バターコーヒー」ですが、イメージだけでは「痩せなそう」ですよね。だって、バターと言えば「油・ギトギトしている・身体に悪そう・カロリー高そう」なイメージですから。トーストに香ばしく味付けるならまだしも、コーヒーに入れてどんな効果があるの?

バターとコーヒーの組み合わせで痩せるの? 痩せるとしたら、どう飲めばいいの?

そんな疑問にお答えします。

先に回答を言ってしまうと、「継続的に飲むことで健康になる」飲み物、それがバターコーヒーなのです。健康になれば、もちろんダイエット効果も期待できますよ♪

最初にバターコーヒーの由来をおさらい

バターコーヒーの発祥に関しては諸説あります。

・チベットのバター茶が由来
・欧米のバター主体の食事に由来
・アメリカの実業家が著書で紹介

世界的に、食卓にバターがのぼれば、一緒に飲み物としてコーヒーもあがるのは珍しくありません。ただし、バターコーヒーはその名の通り「コーヒーに直接バターを混ぜる」方法なので、そうした飲み方を広く示したのはアメリカの実業家です。「アメリカのセレブで話題のダイエット方法」という名前がついたのも、このためです。

しかし、セレブじゃなくてもバターコーヒーは飲めます!
セレブじゃなくても、バターコーヒーダイエットはできます!

いきなりコーヒーにスーパーで買ってきたバターを入れようとした方は、待ってください。大事なことは、コーヒーに「どんなバターを入れるか」なのです。

え?バターってみんな同じじゃないの?違います。

ブランド牛やブランド米があるように、バターにもブランドがありまして。「これ!」というバターを使わないと、バターコーヒーダイエット効果はありません。

バターコーヒーで使われるバターは「グラスフェッドバター」といいます。グラスフェッドバターを入れたコーヒーに、どんなダイエット効果があるのか、見ていきましょう。

バターコーヒーダイエットで得られる5つの嬉しい効果

バターコーヒーダイエットに使うバターは「グラスフェッドバター」と呼ばれます。グラスフェッドとは、自然の葉(食物)のみで育てた動物から作られる食品のことです。

大自然の中で、抗生物質やホルモン剤などの薬品を一切使わない食事だけで育った、牛のミルクから作るのがグラスフェッドバターです。この段階で、だいぶ贅沢感がありますね。ストレスなく育った牛のミルクにはビタミンA・Eなどがとても多く含まれており、栄養満点です。

さらに、コーヒーとバターだけではなく、オイルも使用するのがバターコーヒーダイエットの肝心なところです。バターコーヒーで使われるオイルは「MCTオイル」と呼ばれます。「中鎖脂肪酸」のことです。

ココナッツオイルも身体に良いと流行しましたよね。ココナッツなどのヤシ科植物の天然成分で、消化吸収が早くエネルギーに変わりやすいオイルです。

ココナッツオイルは入手しやすくなりましたよね。グラスフェッドバターも、輸入系の食品店で入手できます。参考までに、250gで2,000円程度です。安いとは言えませんが、試す価値はありそうです。

ここまで揃えば、実はコーヒー豆に関してはお好みで大丈夫です。インスタントコーヒーでもOKです!

それでも、せっかくですから、なるべく良質な豆を使っているインスタントコーヒーにしましょうね。

  • コーヒー。
  • グラスフェッドバター。
  • MCTオイル。

これらから得られる効果をまとめました。

①頭がさえ、記憶力が高まる

コーヒーの中に含まれるカフェインの効果です。朝のコーヒーや、眠気覚ましのコーヒーとしても、よく知られていますよね。

②やせ型細菌を増やす

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種、クロロゲン酸の効果です。腸内のやせ型細菌を増やすと言われています。
脂肪の吸収を抑制してくれるので、ダイエットだけではなく、成人病予防・アンチエイジングケアにも効果があります。

③バターとMCTオイルで満腹感が得られる

満腹感があれば、間食が抑えられます。バターには糖質がほとんど入っていませんから、血糖値が上がることもありません。集中力の低下もありませんよ。

お腹が空くと集中力が落ちますものね。それが起こらず、腹持ちが良いので、バターコーヒーは食事替わりにもおススメなのです。(バランスのとれた食事が一番ですけどね!)

④カロリーダウン

上記③の追記ですが、食事替わりにバターコーヒーを飲めば、糖質も低い上に、カロリーは1杯200キロカロリーほどしかありません。ダイエットに、糖質とカロリーは敵です。そう考えると、バターコーヒーダイエットも効果が期待できますね。

⑤MCTオイルは脂肪燃焼を促す

MCTオイルは、体内でケトン体を早く生成します。脂肪燃焼効果が高く、疲れにくくなる効果が期待できます。

もちろん、ダイエットにおいても脂肪燃焼効果は重要です。脂肪が燃焼されなければ、体重は減りませんから! また、疲れにくければストレスもなく、健康を維持できます。

良いことづくめのバターコーヒーダイエット。材料を揃えて自分で作ることもできますよ♪(だからこそ、続けられてダイエット効果も高いのです)

バターコーヒーダイエットの作り方と飲み方

材料は、シンプルに以下の3点。

  • コーヒー(1杯)
  • グラスフェッドバター(大さじ1杯:10g)
  • MCTオイル(大さじ1杯)

お好みのコーヒーを用意したら、グラスフェッドバターもMCTオイルも「大さじ1」と覚えやすいですね。コーヒーにバターとオイルを入れたら「攪拌(かくはん)」させることも忘れずに。

ハンドミキサーなどがなければ、できる限りスプーンで頑張りましょう。黒いコーヒーから、茶色になるまでが目安です。

ブラックコーヒーは飲めない! という方や、ミルクは入れたい方もいるでしょう。しかし、他の材料が混ざることで、上記に書いた効果が失われる可能性があります。脂肪燃焼できなかったり、血糖値が上がってしまったり。なので、レシピは守ってくださいね。

以上が、バターコーヒーダイエットの鉄則です。

また、グラスフェッドバター・MCTオイル以外のバターとオイルもNGです。MCTオイルでないといけない! という記事が多いですが、入手しやすいココナッツオイルは利用しても、効果に大きな差はありません。もちろん、栄養面でも最大限に効果を発揮したい場合は、こだわってMCTオイルを使用してください。

バターコーヒーダイエットは朝と夜のどちらに飲むと良いか

バターコーヒーダイエットの効果で「腹持ちが良い」ことをお伝えしました。また、カフェインの興奮作用で、朝食と置き換えて飲む方が多いようです。「バターコーヒーダイエットは朝食の置き換えダイエット」と考えても良いでしょう。

しかし、朝はドタバタしていて忙しいですよね。バターコーヒーをわざわざ作るのが面倒だったり、朝はしっかりと食べたいという方もいるでしょう。間食代わりにバターコーヒーを飲むこともおススメです。職場やご自宅で作れるのであればそれもOK。バターコーヒーダイエットの効果は変わりません。

気を付けたいのは、夜にバターコーヒーを飲みたい場合。夜に飲んでもバターコーヒーダイエットの効果は同じですが、コーヒーのカフェインに注意です。

カフェインには興奮作用があるため、寝る直前だと目が覚めてしまいます。それでは質の良い眠りが訪れませんから、夜にバターコーヒーを飲みたい場合は「寝る3~4時間前」に飲みましょう。夕飯の置き換えにバターコーヒーでも良いでしょうね。

ダイエットでは、食事のバランスは「朝3:昼5:夜2」という比率がおススメです。こうした食事のとり方から考えると、バターコーヒーダイエットは朝に置き換えるよりも、夜に置き換えた方が良さそうです。「バターコーヒーダイエットは夜の置き換えの方がさらに効果的」と考えられます。腹持ちが良いことは同じですから、深夜の間食も控えられますよ!

自分の生活リズムに合わせて、バターコーヒーダイエットに取り組んでみると良いでしょう。朝でも夜でも、体内で起こるダイエット効果は変わりません。

バターコーヒーはファミリーマートで手軽に買える

自宅では作れず、材料の購入も面倒くさい!という方は、コンビニでバターコーヒーが購入できます。

ファミリーマート(ファミマ)の「バターコーヒーオリジナル」と「バターコーヒースイート」の2種類。バターコーヒーオリジナルは、ブラックコーヒーにとろみが加えられ感じで、甘味は全くありません。バターコーヒー初心者・もとい、コーヒーが苦手な人にはおススメできません。飲みきれないと思います。

バターコーヒースイートは、ステビア甘味料を使用して、ほんのり甘め(といっても、ミルクコーヒーを期待してはいけません)。コーヒー初心者の方は、バターコーヒースイートから試してみてください。

管理人も飲んでみました。スイートは何とか飲みましたが、オリジナルは無理でした。無理というのは、普段からコーヒーを飲みなれていないので(飲むとしても砂糖とミルク入り)、甘さのないバターコーヒーは厳しかったです。

普段からコーヒー派の方で、健康やダイエットを意識している方におススメですね。

バターコーヒーはまずいは本当か

管理人が飲んでみた感想ですが、まずいです。コーヒー好きの皆さん、バターコーヒーダイエットを頑張っている皆さん、すみません。普段からコーヒーに親しんでいる方でも、味に違和感を感じることは間違いありません。

バターコーヒーダイエットは効果も高く期待できるし、健康にも良いのですが、味だけは好みが分かれます。最初は慣れなくても、徐々に慣れれば良いですし、少しお菓子も添えるなど、工夫をしても良いでしょう。

バターコーヒーがまずい。こうした口コミは圧倒的に多いです。それでも、効果を期待して飲める方は、ぜひチャレンジしてみてください。

バターコーヒーに副作用や危険はあるの?

天然由来成分がほとんどですから、気を付けたいのはカフェイン量。

コーヒーに含まれるカフェインは「摂りすぎると悪い」ことはよく言われていますよね。カフェインは興奮剤なので、興奮状態が続いて睡眠の質が悪くなる。また、鉄分や亜鉛などのミネラル分の吸収を邪魔してしまうので、貧血に注意。

缶コーヒーやマグカップでも、1日に3~4杯までと言われています。健康のためには、嗜好品も適度にしておきましょう。大きな副作用などはありませんが、気を付けたいですね。

あとは、繰り返しですが、コーヒーを普段から飲んでいる人でも、バターコーヒーの独特の味に違和感を感じるはずです。いくらダイエットや健康に良いからと言っても、自分の味覚に合わない・不慣れな方は避けておきましょう。ダイエットはストレスを感じずに行うことが一番の近道です。

あなたがコーヒー好きで、バターダイエットに興味があれば、チャレンジしてみてくださいね♪

\ SNSでシェアしよう! /

記憶に残るダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記憶に残るダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カロリー制限しているのにダイエット効果が出ない理由

  • 椿鬼奴が実践した「梅干しダイエット」の効果は?

  • ダイエット中に筋肉痛が起こったら? 筋力アップのメカニズム

  • 肥満の原因別にアプローチ! ダイエットに役立つ漢方

  • 塩分とダイエットの関係は?「塩抜きダイエット」の方法も紹介!

  • お茶を飲むだけでダイエット効果あり? 飲み方や選び方